年金受給者の高齢者もできる『ふるさと納税』の楽しみ方

ふるさと納税

高齢者もできるふるさと納税

ガガちゃん
ふ〜ん♪今月はどこにしようかなぁ。
ババちゃん
あら、ガガちゃん。何を見てるのだい?
ガガちゃん
これはねぇ、「ふるさと納税」よ。今、どこの地域に寄附をしようか返礼品を見て選んでるの。
ババちゃん
ふるさと納税ねぇ。聞いたことはあるけどイマイチよくわからないわ。

いまさら聞けない!ふるさと納税とは?

ふるさと納税

ふるさと納税は2008年より公布された制度です。
個人が、日本国内の任意の地方自治体へ寄附金を送ることで地域の活性化を目的とした税制度です🐸

その特徴として、寄付金に応じてふるさと納税をした地域から、特産品などを返礼品として受け取ることができます。
さらにふるさと納税は、個人住民税の寄附金税制が拡充されたものであり、地方自治体に対する寄附金のうち2,000円を超える部分については、個人住民税所得割の概ね2割を上限とする金額が、所得税と合わせて控除されます。

つまり、ふるさと納税をすることで個人の節税ができるのです。
節税ができる上、特産品などの返礼品などももらえる旨味のある制度なので、多くの方に利用されています。

控除される上限金額は収入によって異なるので一概には言えませんが、ざっくりとしたイメージだと、地方の自治体に30,000円のふるさと納税を行った場合。

自己負担金2,000円を超える部分の28,000円は、所得税+住民税より控除することができます。

スポンサーリンク

実質自己負担金2,000円ですが、受け取る返礼品は自己負担金以上になるので、かなりお得感があります。
一般的に、30,000円ほど寄附した場合は8,000円〜10,000円相当の返礼品がもらえることが多いです。

ふるさと納税が如何にお得感があるのかがお分りいただけたかと思います。

年収によって控除可能な限度額が異なるため30,000円のふるさと納税を行った場合に、自己負担金が2,000円よりも多くなることもあります。

年金受給者の高齢者はふるさと納税をできるの?

ふるさと納税により控除を受けれる限度額は、収入・世帯の構成によって異なります。

一般に、収入が多い人は控除できる上限金額も大きく、収入が少ない人は上限金額も小さいと考えて良いです。

では、年金受給者である高齢者はふるさと納税は利用できるのか気になりますよね?

もちろん。利用できます。

ただし、ふるさと納税による控除できる上限金額は小さくなるので注意が必要です。

年金収入の高齢者のふるさと納税限度額

では、現在の収入がすべて公的年金だという方の場合は、ふるさと納税の寄附上限額がいくらかというのをまとめました。

年金収入額 ふるさと納税の寄附限度額
150万円 すべて自己負担
200万円 約8,500円
250万円 約15,000円
300万円 約19,000円
350万円 約28,000円
400万円 約35,000円
450万円 約44,000円

これは大まかな金額ですが、目安として考えていただければと思います。
医療費控除や扶養している家族がある場合には、ここからさらに限度額は小さくなります。

これを見ながら自身の収入と照らし合わせてみると、意外とふるさと納税の寄附限度額が小さいと思った方は多いはずです。

それもそのはず、現在、厚生年金の受給者の場合で、平均年収が200万円弱と言われています。

つまり、厚生年金の受給者でさえ、ふるさと納税の寄附は8,000円程度しかできないのです。
よって、国民年金受給者であればおそらく、ふるさと納税による控除額は0円となるでしょう。

そう考えると、高齢者がふるさと納税で節税を期待するのは少し厳しく感じざるを得ないかもしれません。

節税ではなく地域活性化をするという考え方を持つ

以上のことから、シニア層はふるさと納税で節税の恩恵を受けるのは難しいと思います。

しかし、ふるさと納税ができないわけではありません。

ふるさと納税は「寄附金」なので、原則誰でも行うことができます。

節税を目的としてでは無く、地域の活性化のための寄附を目的にふるさと納税をしてみてはいかがでしょうか?
寄附をした上にいろいろなご当地の返礼品をもらうことができると考えれば、節税できなくともふるさと納税をするメリットは十分感じることができるのではないでしょうか。

ふるさと納税は、その地域ごとで寄附金の使い道が公表されています。
それにしっかり目を通して、自分が寄附したお金の使い道を共感できる地域を選ぶようにするのも良いですね。

返礼品を楽しみたいなら「楽天ふるさと納税」がおすすめ

スポンサーリンク

返礼品を楽しみながらふるさと納税をしたい場合におすすめなのが楽天ふるさと納税です。

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税では、様々な地方自治体が提携されており、バラエティー豊かな返礼品を選んでふるさと納税を行うことができます。

楽天ふるさと納税

【宮崎県 高鍋町】くろくりあん大福
楽天ふるさと納税

【ふるさと納税】<くろくりあん大福 6個入り×2セット>※1か月以内に順次出荷します。 利久庵 くり お菓子 黒糖 和菓子 特産品 宮崎県 高鍋町【冷凍】

価格:6,000円


【高知県 奈半利町】米ヶ岡鶏 ササミ肉
楽天ふるさと納税

【ふるさと納税】me020 こだわり配合飼料育成!もっちり食感♪米ヶ岡鶏(ササミ1kg)寄付額3,000円

価格:3,000円


【長崎県 南島原市】手延べうどんセット
楽天ふるさと納税

【ふるさと納税】手延べうどん・あごだしスープセット(F-02) ※メール便発送の為、着日指定不可

価格:2,000円


【秋田県 仙北市】ビールセット

楽天ふるさと納税

【ふるさと納税】全国酒類コンクール第一位ビールセット 6本セット

価格:10,000円


などなど、様々な商品が3万点以上も掲載されています。魅力的な商品が沢山ありますね。

それぞれの商品ページでは寄附のボタンを選択する前に、寄附金の用途を選ぶことができます。
楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税
それにより、ご自身が納得できる自治体へのふるさと納税ができるのです。

是非、チェックしてみてください。

新しい高齢者向けの返礼品

ふるさと納税

最近では食品や雑貨などの「物」の返礼品ではなく、高齢者向けのサービスを返礼品に追加する地方自治体も増えています。

2017年10月に郵便局が始めた高齢者向けの「みまもり訪問サービス」は、郵便局員が対象者の自宅を月1回訪ねて体調や外出の頻度、日常生活での相談事などの10項目を聞き取り、離れて暮らす家族などにコメントや写真を添えてメールで報告するサービスです。
サービスの期間は寄付が6万円で半年間、11万円で1年間となっており、取り扱う自治体も増えてきています。

今後も、高齢者を対象とした返礼品が増えてきそうですね。

まとめ

ババちゃん
今まで、ふるさと納税の事なんて全然考えたことなかったけど、これを機会にちょっとやってみようかしら。
ガガちゃん
それも良いかもね!節税目的じゃなくて、純粋に応援したい地域への寄附も大事なことよね!一緒に探しましょ!

シニア世代のふるさと納税は節税などの旨味は期待できませんが、寄附+返礼品を楽しむ考えのもと、無理のない範囲でやっていくのも良いと思います。

自身のご家族の提案に、是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です